Q&Aよくある質問

埼玉の葬儀社T・Sセレモニーがいただいたご質問

埼玉で思い出に残る葬儀を提供するT・Sセレモニーへのご質問

埼玉の皆様に頼れる葬儀社として多くのご相談や依頼をいただいているT・Sセレモニーで、よく寄せられるご質問と、回答を掲載します。終活のために葬儀社をお探しの方や準備を行っている方はぜひ質問の一覧をご覧いただき、ご自身の疑問点と照らし合わせつつ、お役立てください。
埼玉で葬儀に関して何かお悩み事がありましたら、ご要望を最大限実現するT・Sセレモニーの事前相談や無料見積りをご活用ください。よくある質問をご覧になってご不明点がありましたら、遠慮なくお問い合わせください。

よくある質問

返礼品について教えてください

返礼品は、通夜や告別式に弔問に訪れた方へ、お礼の気持ちとして、礼状とともにお渡しするお品物です。通夜振る舞いの席に出ないで帰る方にお渡しする「通夜返礼品」、香典の有無に関わらず会葬者すべてにお渡しする「会葬返礼品」、香典をいただいた方にお礼としてお渡しする「香典返し」の3つに大別されます。 
最近では、通夜と告別式に同じ返礼品(500円~1,000円程度)を弔問に訪れた方全員に会葬礼状とともにお渡しして、香典をいただいた方には忌明けにあらためて返礼品を発送するケースや、忌明けの返礼の煩雑さや渡し損ねを防ぐために、ご葬儀の当日にいただいた香典の額に関わらず、2,000円~3,000円程度のお品物をお渡しする「即日返し」が増えてきています。
なお、あらためて三十五日あるいは四十九日の忌明けを待って返礼する「忌明け返し」の金額は、半返し(香典の額の半分)または三分返し(香典の額の三分の一)というのが一般的です。

お布施について教えてください

お布施は、読経や戒名をいただいたお礼として、僧侶にお渡しするものです。読経料や戒名料という言葉は通常使いません。
渡し方は、「御布施」と表書きをし、半紙に包むか白封筒に入れ、水引はかけません。また、渡す相手に不幸があったわけではありませんので、不祝儀袋は使用しません。お渡しする際は、直接ではなく、菓子折りやお盆に乗せる形が好ましいとされます。
一番皆様が頭を悩ませるお布施の金額についてですが、様々な考え方があり、一般的な相場というものはございません。それぞれのお寺様ごとに考え方があると思いますし、それぞれのご家庭のご事情もございますので、ご親戚とご相談されたり、お寺様に直接お伺いするという方法もあるかと思います。
もし菩提寺ではなく、葬儀社に手配していただいた僧侶であれば、その葬儀社にお伺いするとよろしいかと思います。

喪主の経験がなく、色々と不安なのですが

ご安心くださいませ。喪主をお務めになることは人生においてそう多くあることではございません。どなた様もあまりよくわからなくて当然です。
当社では、ご葬儀までの一連のお手続きや段取りを総合的に承ります。役所の手続きや火葬予約等も担当者が代行で手続きをさせていただきます。喪主様の行うべきことやお決めいただくことも、担当者がしっかりとサポートさせていただきます。

喪主にはどのような人がなるのでしょうか?

喪主はご遺族の代表として、故人に代わって弔問を受けることになります。
通常は故人の配偶者か、すでに成人している子供が務めます。故人が子供の場合は、父か母のいずれかが務めます。
地域によっては、長男の方が務めることも多く、家族構成によっては娘婿が務めることもございます。

密葬の場合は、関係者にはいつどのように故人の死亡を知らせるのですか?

密葬の場合に故人様の死亡をお知らせする時期ですが、当然、密葬に参加していただきたい方には、すみやかな連絡が必要です。密葬に参加しない方々へのお知らせは、密葬後でも問題ありません。
なお、密葬である旨をお知らせする場合、家族だけ行うことを希望しているのであれば、家族だけで行う旨を明記する必要があります。

密葬とはどんなお葬式ですか?

ごく身近なご親族のみ、あるいはこれに加えてごく親しかったご友人等のみで通夜・告別式を内々に行い、お骨にした後に日を改めて本葬(お別れ会ということが多いです)を執り行う形式のご葬儀です。
弔問客などの対応に追われたりすることなく、穏やかな空気で故人様を偲び送り出すことができるご葬儀であるといえるでしょう。

家族葬とはどんなお葬式ですか?

故人様のご家族やご親族を中心とした、本当に親しい方々のみで行う少人数のご葬儀です。
通常の葬儀のように参列者の対応などに追われることが少なく、穏やかに故人様をお送りできる点が大きなメリットです。
少人数で行うため、料理や返礼品に掛かる費用は少なくなりますが、香典収入があまり見込めないため、全体の出費は増えてしまう事も多いようです。

お葬式までに何を準備しておけばよいですか?

差し当たって必要なものは、遺影のためのお写真(できればお顔が大きくはっきり写っているもの)とご印鑑(認印で結構です)です。
ご葬儀まではいろいろとお決めいただくことや他にもご準備いただくものがございますが、詳しくは葬儀社の担当者がお伺いして、ご説明させていただきます。

葬儀社への連絡は深夜でも大丈夫ですか?

もちろんでございます。当社では24時間、年中無休で対応させていただいております。ご連絡をいただきましたら、いつでも迅速にお伺いさせていただきます。
また、ご相談につきましても、24時間、年中無休で承りますので、いつでもご相談くださいませ。

身内が亡くなった際、まず何をしなければならないですか?

近親者への連絡、死亡届などの手続き、遺影写真の準備など、しなくてはならないことはいくつかございますが、まずは葬儀社へご連絡ください。
ご連絡の際は、亡くなられた方のお名前や、連絡いただいた方のお名前・お電話番号などをお伝えください。
また、お亡くなりになられた場所が病院や老人ホームなどの場合は、亡くなられた施設の名称・住所などをお伝えください。

埼玉の葬儀社であるT・Sセレモニーは、ご家族様や故人様に対する配慮の行き渡った充実のコースプランを提供しています。T・Sセレモニーの様々な内容が含まれているコースプランは、葬儀の経験が少ない方にもご安心いただけます。
埼玉で信頼ある葬儀社のT・Sセレモニーは理想の葬儀を安心して執り行えるよう、お客様のご要望をしっかりとお伺いし、ご希望に添った最適のプランを提案しています。
故人様とのお別れをご家族様の皆様で思い出を分かち合うしめやかプラン37、親しい人達でそれぞれの想いを込めてまごころプラン50、多くのご参列の皆様と供に、たくさんのお花に囲まれた故人様を送り出すやすらぎプラン80、こだわりを取り入れた記憶に残る思い出プラン100といった豊富なコースプランを用意していますので、皆様のご要望に合わせてお選びください。